teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. ★ 梅教育再生會議 ★ ~ 戦後教育ノ問題点ヲ考ヘル ~(2)(管理者)10/08/30(月)01:40
  2. 梅酔會(meizuihue)掲示板(6)(管理者)10/08/28(土)23:30
  3. 『御前會議』(おんまへくわいぎ)(3)(管理者)10/03/16(火)20:54
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:39/361 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: <十七條憲法>

 投稿者:SHO  投稿日:2012年 1月25日(水)08時51分46秒
  通報 返信・引用 編集済
  クロ様

おはようございます。

>  和を以て貴しと為す(以和爲貴)
>  既に結論めいたものが出ていたわけですが、《日本人の国民性》を煎じ詰めると、どうしても此処へ行き着くような気がします。

おっしゃる通りですね。
日本人は、かつても、そして今日も、調和を重んじる国民性を有しているように思います。
逆に、調和を軽んじる人々は、日本人とは呼べないかも知れないというほどです。

> 二、心から三宝を敬いなさい。三宝とは仏法僧のことです。人生、生老病死の間で最後に行き着くところは。どこの国でも究極の宗教です。どの時代でも、どんな人でも仏教を尊ばないものは無い。人間に悪人は少ない。良く教えれば宗教に従う。仏教に帰依しないで。何で曲がった心を正すことが出来ようか。

憲法の条文に宗教への帰依が謳われているわけですが、法的拘束力に限界があることを知るなら、これは当然のことだといえるでしょうね。
互いの生存権を確保することのみを絶対正義として編みこまれた法律など、信仰心のない人間にとってはどこまでも笊。法に触れないことを理由にすれば、目的を遂げるために手段を選んだりはしないものです。そういう輩を取り締まるためには、それこそ無限に法律の条文を増やす必要が生じるので、人々は窮屈になっていくのを避けられません。
結局、聖なるものとの絆を断ち切った人間社会は、どこまでも退廃していく運命にある。
唯物論や科学合理主義といった、目に見える存在のみを全てと考える現代信仰に陥ってしまえば、道理を見失ってしまうのは当然の結果です。

> 九、言葉と心が一致して正しく行うことが基本です。

想いとコトバと行動を一致させる。これは大変難しいことですが、一番大切なことですね。

> 十、いきどおりを絶ちいかりを捨て。人が従わないことを怒らない。

寛容であることを説いた条文ですね。素晴らしい。

> 十四、聖人賢人を得られなければ。如何にして国を治めるか。

民衆は賢者に、賢者は聖者に従う世こそ理想です。

> 十七、事件を一人で決定してはいけない。必ず多数の者で良く議論しなさい。小事は簡単です。必ず多数の者でしてはいけない。大事を議論するときは。過ちが有ると疑う様にしなさい。多数の者と一緒に分別すれば。説明の言葉はそのまま道理を表わそう。

多数で議論するのは正しいことです。しかし、多数決でものごとを決めるのは、必ずしも正しいことではないと小生は思う次第です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:39/361 《前のページ | 次のページ》
/361