teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. ★ 梅教育再生會議 ★ ~ 戦後教育ノ問題点ヲ考ヘル ~(2)(管理者)10/08/30(月)01:40
  2. 梅酔會(meizuihue)掲示板(6)(管理者)10/08/28(土)23:30
  3. 『御前會議』(おんまへくわいぎ)(3)(管理者)10/03/16(火)20:54
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:46/361 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 日本人の国民性

 投稿者:クロメール  投稿日:2012年 1月12日(木)21時10分37秒
  通報 返信・引用
  > No.335[元記事へ]

☆ SHO 様


 こんにちは。

最近では日本の書籍も横書きのものが増えてきましたね。
ネット生活が長くなってきたせいか、それに不都合を感じることもなくなってきました。

 横書のほうが馴染み深いということでしょうか。
む~ん、同じ戦後生まれでありながら、世代間で斯くもギャップ(意識の違い)があるのかなあ。

 《団塊の世代》である私の幼少時分は、周囲の大人たちがみんな戦前・戦中の体験者だったし、戦争の傷痕がそのまま残っていた時代に育っています。
故に、戦争の実体験がなくとも且つ“GHQ史観”に基づく教育を受けようと、心情的にはごく自然なかたちで戦前と繋がっていましたよ。

 歴史的仮名遣いにしても、親たちが公然と遣ってましたから、現代仮名遣いにはない「ゐ(ヰ)」「ゑ(ヱ)」の文字も、学校で教わる以前から知ってました。
もっとも、仮名というより漢字だと思ってましたけどね。

 以前、桜掲示板でTV映画「月光仮面」を採り上げたことがあります。
昭和32~34年頃のの子供向け冒険活劇ですが、映像技術的には幼稚ながら、台詞を拾ってみると随所に教訓めいたことがちりばめられていて、大人になった現在でも観賞に堪えます。

 これに出てくる手紙やメモの類は大方縦書。
第1部のタイトルも「月光仮面現はる!」と歴史的仮名遣い。
原爆以上の威力を持つ“HOジョー発爆弾”を巡り、どくろ仮面一味(悪)と月光仮面および官憲(正義)との争奪戦という展開なのですが、結末は人類平和が訪れる日まで月光仮面が秘密裡に預るというもの。

 よくよく観ると、どくろ仮面一味は欧州に本部を持つ国際秘密組織の日本支部なんですね。
組織拡大手口は古典的な金銀財宝や地位・肩書で釣る方法。
人間の欲望が地獄の底へと招き寄せるわけ。
血も涙もない悪党団のはずですが、この頃は悪党なりの道徳観を持っていて、部下思いだったり抵抗しない相手を傷つけたりは決してしない。

 大げさに言えば、まだ《武士道》の残滓があった頃と言うことでしょう。

大衆の目線はどうしても現在時制に囚われがちです。
せいぜい、過去と現在とを区別するのが精一杯で、未来を創造するために現在にタネを蒔くという発想が乏しい。

 最も行きたくなかった金融機関の生命保険会社に、図らずも自分がお世話になったわけですが、生保営業ほど難しいものはない。
何せ加入したい人(つまり、病弱な人)を敬遠し、若くて活きのいい人を選んで加入させなくてはならない。

 人間誰しも時機がくれば死ぬのに、若ければ若いほどおのれが死ぬなんて夢にも思っていない。
給料は概ね年齢に比例して高くなるから、若いうちは先立つカネもない。
まして、予測できない将来の計画などは二の次、不況ともなれば真っ先に切り捨てられるのが生命保険、ってなわけ。

 まだ新入社員だった頃、勧めていた家庭の大黒柱が交通事故死!
そうとは知らず訪問したら、奥さんに「なぜもっと強く加入勧奨しなかったのか。」と逆恨みされたことがあります。
生命保険が世の中の役に立っている、と実感したのはこの時ですね。

 何だか妙な話になってしまいました。
すみません。

 津田師の書物は、ちょうど聖徳太子が登場したところです。
津田先生にかかったら、さすがの聖徳太子も形無しです。
戦時下で発禁処分(この本ではない)になったのもわかるような気がします。

 この部分については、後日、改めて。
ということで、本日はこれにて失礼いたします。


 
 
》記事一覧表示

新着順:46/361 《前のページ | 次のページ》
/361