teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


おつかれさまでした

 投稿者:1996卒・N  投稿日:2016年 5月22日(日)17時27分12秒
  パワフルで前向き、何事にも真摯に立ち向かう先生でした。
在学中はしばしばご指導ご鞭撻賜りありがとうございました。

安らかに。
 
 

(無題)

 投稿者:ぽけっと  投稿日:2016年 5月 1日(日)22時23分32秒
編集済
  いのち全けむ太き流木  

それでも

 投稿者:七つ森  投稿日:2016年 5月 1日(日)13時56分13秒
   ネイティブアメリカンの間にも伝わる、「今日は死ぬのにもってこいの日」と日を選んだとか。それでも、そんなふうに言われると悲しくなります。来年でも再来年でも、どうかいつか、いつかはねと。そういう日がくるにしても、今ではないと、思いたいです。
 私の母も、日を選んだなと。あの人らしいと思いました。もう意識がなく、話もできないような状態でしたが、母が一番会いたかった末の妹が九州から来てくれて、帰りの飛行機をとって帰る前に。2月でしたがとても美しく晴れた日で、八ケ岳や富士山をおばに見せることができて。次の週からの大雪で交通機関が閉ざされる前に。そういうことを選べるのだなとは思います。
 それでもお別れは、つらいのです。来年でも再来年度も10年後でも。と願います。それでも。それでもと。それはわたしたちのわがままだとは思いますが。ご本人が選んだのなら仕方がないとは思うのですが。それでも。それでもと、思うのです。
 

これからは

 投稿者:ぽけっと  投稿日:2016年 4月17日(日)00時25分37秒
  在宅医療に切り替えとは、入院されていたのでしょうか。
ご自宅の方が何かと便利でしょうし、我儘もきくのが良いのでしょうね。

大島桜は白い花と葉っぱの若緑のコントラストがうつくしいですね。
桜は終わりましたがこれからはドウダンツツジや黄色の連翹、サツキやつつじも楽しめますよ。
あ、筍やフキなども美味しい季節となりましたね。
 

桜のお便り

 投稿者:七つ森  投稿日:2016年 4月15日(金)22時27分11秒
   体のおつらい中、毎月かかさず届けてくださるこの通信を、何より心待ちにしております。桜の便りをとてもうれしく読ませていただきました。
 桜の季節に生まれて、子供の頃から誕生日には必ずソメイヨシノが満開であったと記憶にとどめているにも関わらず、ソメイヨシノにさほど心を移すことがありませんでした。あまりにはかないその命に思い入れをするには、心が耐えられず目を背けてきたのです。のめりこまない。追いかけない。自分が傷つかないように。そんなに好きじゃないし。と。
 山で暮らすようになって20年あまり。東京では毒々しく感じられた八重桜が、新緑や雪をかぶった山々をバックに、色とりどりの映えるのを、とても愛らしく思えるようになったり、山々の新緑の間にほの白く浮かぶ、山桜の清楚さに心を奪われたり、桜を愛するようにはなっていましたが、ソメイヨシノを含めて桜をとくに自分のパワーの源だと意識したしたのは、ここ2、3年なのです。そう、儚い命とその切なさを嘆くのではなく、その咲き出るときのパワー、エネルギー、力強さにやっと気が付き、受け止めることができるようになったのです。
 Ryubquさんの通信は、余命を宣告されてからさらに濃厚で、力強く、無駄がなくどこを切ってもすべてが命そのものであふれていて、とても励まされ、力づけられます。
 命のふしぎさを思います。ありがとうございます。旅先で買ってきた桜の絵葉書を3枚(すべて違う種類の桜)をお送りしようと手元にまだ持っていました。明日送ります。
 

(無題)

 投稿者:赤坂亭風月  投稿日:2016年 4月15日(金)19時14分38秒
  今年の桜は長く見ることが出来ました。

最近、引っ越しが決まり、準備に追われています。
 

一言

 投稿者:koba  投稿日:2016年 3月15日(火)10時13分39秒
  いいね!  

癒されますように

 投稿者:ぽけっと  投稿日:2016年 3月 2日(水)09時12分8秒
  お誕生日おめでとうございます!

宴席のスマホと自宅の携帯とで祝いあう…病中の方にとっては大変にありがたいご配慮、大いに励まされたことでしょう。

病を得ながらも、ご無事でお誕生日を迎えられたことは、何よりの喜びであったと存じます。

癒しを、こころよりお祈りしています。






 

(無題)

 投稿者:赤坂亭風月  投稿日:2016年 3月 1日(火)23時55分22秒
  当日、杯を交わし、また、今、ここで、このように打ち込んでいるのも、何かの縁というものを感じます。  

ほっとするひとときを

 投稿者:七つ森  投稿日:2016年 2月15日(月)20時58分25秒
   湯豆腐ほどシンプルで奥の深い料理はないかもしれませんね。先月のゆず湯にしても。今この時を、豊かに、ていねいに生きておられるお姿がとても鮮烈に感じられるお便りに、はっとさせられます。シンプルに。だからこそ、あらわになるもの。自分はどうだろうかと問わずにはいられません。日々を消化試合のようにこなしているだけの自分の姿が、鏡のように映しだされるのです。いいわけはしないで、もう少しがんばってみます。  

レンタル掲示板
/50